片方の配偶者が高血圧症の場合、もう片方も高血圧症になることがあります

同じような食生活やライフスタイルを持つ夫婦は、慢性疾患も共通しているようです。

新しい研究では、米国、英国、中国、インドの数千組の夫婦を調べました。
遺伝学は異なるが、配偶者も高血圧の場合、...

続きを読む

ほてりに対するエストロゲン治療は認知症リスクを高める

ほてりに使われるホルモン療法と認知症を結びつける新たな証拠がある。
デンマークの新しい研究では、エストロゲンのみの治療を比較的短期間使用した場合でも、
認知症全般のリスクが55%、...

続きを読む

多様な腸内細菌叢が感染予防に役立つ

腸内細菌叢は健康全般にとって重要であり、新しい研究は、腸内細菌叢が感染症との闘いにどのように役立つかを説明するのに役立ちます。

一連の実験により、研究者たちは、さまざまな細菌が協力して、...

続きを読む

植物ベースの食事はCOVID-19から保護します

ビーガンやベジタリアンの食事は、COVID-19の重症化確率の低下と関連していることが、
BMJ Nutrition, Prevention & Health...

続きを読む

ビーガン食はわずか2日でインスリン抵抗性を改善します

新しい無作為化クロスオーバー試験では、30人の健康な高齢者を対象に、
ビーガン食と雑食性の食事の効果を比較しました。

参加者がビーガン食を食べた場合、雑食性食と比較して、インスリンレベルが有意に低く...

続きを読む

健康を改善するには、動物性食品を植物性食品に置き換えるべきです

新しいレビューによると、赤身肉や加工肉、乳製品、卵、鶏肉を、
ナッツ、豆類、全粒穀物に置き換えると、
心臓の健康が改善され、2型糖尿病と死亡のリスクが軽減されるという。

...

続きを読む

ホットドッグからベーコンに至るまでの加工肉は、結腸直腸がん、心血管疾患、さらには早期死亡のリスクを高めます。

世界保健機関は、加工肉が結腸直腸がんの主な原因であると判断し、加工肉を「ヒトに対して発がん性がある」と分類しました。毎日ホットドッグ 1 枚またはベーコン数枚を摂取するだけで、...

続きを読む

ビーガン食は現在も将来もお金を節約できる可能性があります!

アメリカ医師委員会より

インスリン依存性の 2 型糖尿病のための 3 つの食事を比較すると、自然食品の植物ベースの食事の費用は 1 日あたりわずか 9.78 ドルです。
...

続きを読む

植物ベースの食事は乳がん患者の生活の質を向上させる

アメリカ医師委員会より

植物ベースの食事は、がん患者の認知機能と感情的な幸福を改善し、疲労を軽減します。

乳がんの治療を受けている女性30人を対象にした研究では、
...

続きを読む

湿疹のリスクは妊娠中の母親の食事に関連している可能性がある

アメリカ医師委員会より

湿疹とも呼ばれるアトピー性皮膚炎は、どの年齢でも発症する可能性がある
炎症性皮膚疾患ですが、子供によく見られます。

新しい研究では、数千組の母子の食事を調査し、
...

続きを読む
Close

ローヴィーガンマイブランド特別支援金訓書